中古車をローン購入したい!

中古車ショップなど見ると一目惚れして、即決で購入したい車と出会う場合がありますよね。
新車と違って中古車は「一期一会」、その時出会った車種、走行距離、年式、色、オプションなど自分にピッタリ!という車に出会えるのも中古車の魅力です。

当サイトでは、運命の出会いをしてしまう(笑)前に中古車をローンでお得に購入する方法やおすすめのローンの組み方について解説しています。

中古車屋さんのマイカーローンは金利が高い!?

お気に入りの車を見つけていざ購入!で中古車屋さんからローンの詳細などを聞かされて、「金利が高い!!」と思ったことありませんか?
新車と比べて万一ローンが支払えなくなった場合の残価設定(下取り)の金額も低い傾向にある中古車のローン金利は新車と比べると高いです。ショップによって異なりますが、4~6%などの金利だとまだ良心的です。6.8%など限りなく7-8%に高い金利のローンを薦めてくる中古車屋があるので要注意です。

金利が高い大きな理由は、中古車屋自体がローンの取扱手数料で儲けている場合が多いです。
車自体では大きな利益にならないけど、ローン1件獲得するとローン会社から◯万円とキャッシュバックがあるケースです。
中古車は、車を仕入れて広大な土地に展示して在庫として抱え、売れるまで洗車やチラシを作ったりと販売までに結構いろいろと経費がかかります。
商売なので仕方が無いけど購入する側に取っては高金利の中古車ローンは安く購入したいのに結果的に高く、多く支払う必要があるのはもったいないですよね。

>中古車をローン購入する時の流れ

基本的には、中古車屋さんでローンを組む場合は信販系のローン会社で組むことが多いと思います。(オリコ・ジャックス・アプラスなど)
また会社によっては自社ローンやビッグモーターやガリバー、オニキスなど独自のローン仕組みを持っている会社もあります。

・購入する車を決めて、税金や消費税などの総額が決定
・総額を元にローン申し込みをし、審査を行う
・審査OKならそのまま購入手続き

です。ただ中古車ショップのローンを利用しない場合は、事前に総額の見積もりなどをとっておくか?購入予定の金額を明らかにしておく必要があります。

・銀行などのマイカーローンの場合は事前に申し込み、審査を通しておく
・中古車ショップで正式に契約する
・購入明細などを銀行に提示し、車代金の支払いをする。

銀行の場合、購入する車が決まっていないのに事前に審査を行う形になりますが

「もし、欲しい車がなかなか見つからない場合はどうするの?」
「銀行で申し込み、審査した金利より中古車ショップのローンのほうがお得だった場合は?」

など実際に申し込み、審査までしたけど利用しなかったという場合が気になるところですがそこは大丈夫です。一度審査をしてOKがでても、あとでキャンセルが可能です。
もちろんキャンセル手数料などは発生しません。

>ディーラーと中古車専門店では金利が大きく違う。

一言で中古車と言っても、ディーラー系の中古車販売店と中古車専門店では大きく金利も異なります。ディーラーの場合はディーラー系列のローン会社があり、比較的審査通過し易く金利も低かったりキャンペーン金利などの適用がある場合があります。

一方中古車専門店は、信販系の中古車ローンとなり金利も少し高めになります。

>金利の相場なども

一般的に中古車ローンの金利の相場平均は2.5~3.5%です。
キャンペーンだと在庫過剰になっている車を早く売りたい場合などは1年間無金利や0.9%金利などのキャンペーンを行うので単純に平均は出しにくいです。

>返済回数、月々いくらから何年・何回払いまで対応している?

返済回数や最長何年なども各ローン会社によって異なりますが、一般的な中古車ローンだと5年~7年(60回~84回)のところが多いです。
中には最長10年(120回)などもあります。支払い年数が伸びる分金利手数料(利息)がかかるので注意が必要です。ボーナス払いのあり・なしもローン契約時に選ぶことが出来ます。

一番金利の低い中古車ローンは?

金利だけで言えば、ろうきんやJA(農協)のが最も低金利で貸出をしています。
一般の人でもろうきんやJA(農協)でのローン申し込みは出来るのですが、組合員の属性や各地域によって条件が変わっており、普段からメインの金融機関としてろうきんやJA(農協)を利用してない人にはハードルが高いかもしれません。

また審査にも時間がかかるためメインバンクとなっていない場合は口座開設からなので、中古車の場合は時間がかかりすぎてあまりオススメではありません。

おすすめの中古車ローンの組み方

一番は銀行のマイカーローンです。
別にメインバンクや取引銀行で無くても最近はネットで申し込みが完結できるマイカーローンを提供しています。また銀行マイカーローンのため金利も2%台と低金利のところが多く比較的利用しやすいのが特徴です。

>借り換えなどには使えるの?

>万が一の整備に使えるカードローン

中古車という特性上、どうしても新車と比べて「故障」や「整備」に対して準備しておく必要があります。軽微な故障なら数万円で済みますが、タイヤ交換や車検など中古車によっては必要になる可能性があります。
その場合のためにも「カードローン」はおすすめです。
最初の中古車ローンとは別に、カードローンは申し込みして審査OKで限度額が表示されその範囲内なら自由に引き出せ利用することが可能です。
ホイールなどドレスアップパーツなどは中古車ローンに組み込めない場合が多いのですがカードローンなら自由に使えます。今月ピンチ!だけどタイヤがパンクして・・・という緊急にお金が必要な場合に利用出来るので便利です。

・中古車ローンに関する疑問や質問

中古車の場合、残価設定などはないの?
ローンを組む時に保証人などは必要?
中古車ローンに通らなかったけど理由は?通るためには?
個人売買で中古車を購入する時に使えるローンはある?
こんな人は中古車ローンを使える?
学生|無職|主婦|新入社員|ブラックリスト